鬱陶しいけれど、縁も切れない、やっかいな隣人

マンション管理組合の付き合いと、心使いが鬱陶しいです。マンション管理組合の役員人事を決めるときに、自分が長年、理事長を務めていたので、自分より年長者にお願いした経緯がありました。譲られた方は本意ではなかったようですので、申し訳ないと思い、秋葉原で処方箋薬局に行ったついでに中元と歳暮の品を送り始めました。そうしたら、御礼の葉書が来ましたので正しい選択だと思いました。それが、数年続いたのですが、マンションの大規模修繕の費用が不足することが予想され修繕積立金の値上げが管理会社から提案されました。ところが、私の代わりに理事長になった当人が議事に反対して、意見が割れてしまいました。その頃から、私との関係も気まずくなるようになりました。そうすると、こちらから季節の挨拶の品を送ると、先方から返礼の品が贈られてきました。今までには、なかったことなので、相手にとっては有難迷惑なのか、どういう意味なのかと悩みましたが、様子を見ようと、その後も、送り続けましたが、その後も先方から返礼品が来るようになったので、通常、これはもう送らないで欲しいとの先方の意思だと解釈して、送るのを止めました。そうすろと管理組合の会議で、先方は自分はもう理事長を辞めたいと言い出しました。余程、私が目障りなのか気に入らなくなったのかと悩みました。通常、マンション管理組合員が、相互に連絡を取り合うことは、ご法度になっており、あくまで管理会社を通じての意見交換がなされるべきであり、過去もそうしていました。しかし、私は相手の真意を知りたいと思い、時すでに遅しでしたが、会議の終了後に、今まで自分が行き届かなかった点を詫びました。又、やっかいな管理組合の雑用を行っていただき、有難いと感謝も述べました。そうすると相手は、どうぞお気使いなくと笑いながら言ったのですが、何となく相手の表情が引きつっているようにも見えて、私はどうにも相手の本心が判りませんでした。やはり私は相手から返礼品が届いても有り難く相互にやり取りを継続すべきだったのか今も悩んでいます。同じ建物の中で居住している関係で、引っ越しでもしない限り付き合っていかなければいけない相手なので、私も物をもらえば嬉しいし、有難いとは思う反面、鬱陶しいとお互いに思っていたかも知れません。もしかすると相手は品々のやり取りで恩義を感じるような人間関係に嫌気がさしてビジネスライクに合理的な関係を望んでいるのかとも思い、今でも相手には腫れ物に触るように気をつかうような思いで接しています。

お義母さんの行動はありがた迷惑なんです。

私が、赤ちゃんを産み、アパートにお義母さんとお義父さんが、よく来るようになりました。
家から片道一時間の距離ですが、待望の初孫だった為、可愛くてしょうがないみたいで、少し距離があっても毎週来てくれます。栃木でアルバイトしているのによく来るなぁ
来る時は、食材や、赤ちゃんのおもちゃなどを買ってきてくれます。
産まれてからの1ヶ月は、私も外に出れなかったので、買い物を頼んだりして、お義母さん達が来てくれるのは助かっていたのですが、私も赤ちゃんも外に出られるようになってからも、毎週来くるので、気も使うし、赤ちゃんの寝かしつけが出来ず困っていました。
そんな風に思っていた時に、いつも赤ちゃんの風呂は、私1人で入れていたのですが、私がいつものように風呂の準備をして、赤ちゃんと一緒に風呂に入ろうとしていたら、呼び鈴が鳴り、いつもは昼からしか来ないはずのお義母さん達が来てしまい、当たり前のようにアパートに上がり、「風呂入るの?なら、私が子供を受け取ろうかね。ママだけじゃ大変でしょ。」と言い出し、案の定断れず、風呂を赤ちゃんと一緒に入り、お義母さんに、洗い終わった赤ちゃんを渡し、着替えさせてもらいました。
自分の母親ならまだしも、旦那のお義母さんに自分の裸を見られ、女同士ですが、嫌でした。
それから、アパートに来る時は、風呂の時間の時に来るようになり、赤ちゃんをタオルで拭いて着替えさせての作業を率先してしたがり、ありがたいのですがいい迷惑だなと思い、旦那に相談して、来る時間を変えてもらいました。

集合住宅のエレベーターでよくある事

マンションに住んでいるとよくある事なのですが、エレベーターを利用時に、既にエレベーター前に待っている住人がいて、来た時に扉を開けて私が来るのを待っててくれる事がよくあります。1基しかないですし、親切心でやってくれている事だとは思いますが、私も待っていられると、エレベーター横にあるポストの中も確認する事ができず、せかされる気持ちになります。また、狭いエレベーター内で話しかけられても、仕事帰りで疲れているなど色々あるので、できれば話したくはない時もあるのですが、「実家の庭リフォームしたのよ~」っとやはり話しかけてくる事がほとんどです。乗らなければまた長くエレベーターが下りてくるまで待つ事になると気遣いをして頂いてありがたいとは思いますし、いやな感じに思うのも間違っているかもしれませんが、やっぱり臨機応変というかお互いに様子を伺いつつで良いのかなと思う点はあります。集合住宅なので、こうした触れ合いや気遣いは必要な事ではありますが、時には人によってその時の状況によって、その気遣い等がかえって迷惑になる時もありますし、お互いに程よい距離感を保ちつつ、気遣いし過ぎずというのがラクなスタイルだと思います。以前は、エレベーター内で「どちらにお勤めなんですか?」など質問が多く、集合住宅ではあまり詳しく話すと拡散する可能性もありますし、ただ、質問された事に対して全く答えないという事もいかずで困惑した事もあります。試しにポストを見るので先に行っててくださいと伝えたこともありましたが、それでも待ってる人もいて、その時は本当に迷惑でした。ゆっくりポストも観る事ができないのかと思いました。あとは、ポストから取り出したものをのぞき込んでくる住人もいます。これも、エレベーターを待たせてくれてたのは助かりますしありがたかったですが、ちょっとうっとうしいなと思いました。

押し付けがましいお局さま

会社のお局様のことです。
料理教室に通っているらしく、手作りのパンやお菓子を職場に持ってきてはみんなに配っています。なかには好きな方もおられるのでしょうが、食べさせて『おいしいですね!』と言われたいという魂胆が見えていて、頂いてもなんだか素直に喜べません。
そしてわたしはあまり甘いものが得意ではありません。チョコレートがかかっていたりすると食べられませんのでお断りすることがあるのですが、『遠慮しなくていいのよ?』と無理矢理おしつけてきます。甘いものが苦手なので、と言っても『あ、ダイエット中なのね?。痩せてるんだからそんな事気にしないの!』と…。甘いものが苦手な人は都市伝説だとか思っているのでしょうか。
人の手作りが食べられないという人も中にはいるのに、そんな事も御構い無しで、ことあるごとに手作りのお料理を振舞われます。特にバレンタインは毎年張り切ってお菓子を作成されます。でも持ち帰らせず、自分の目の前で食べさせ、すぐに感想を聞いてこられます。
また料理教室に新規の体験の人を連れて行くと、おつぼねさまに特典があるらしく、職場の女性社員はほぼ全員連れていかれました。『結婚する前にお料理覚えておかなくちゃ!』が口癖のお局様ですが、彼女自身はバツイチです。絵にかいたようなバツイチ女性なので、イラスト依頼して描いてもらいたいくらいです。
独身の女性社員のためになるように料理教室に誘っていただいたり、お得なレシピを教えてくださったりと有難い面もありますが、うっとうしいなと感じます。

嫁が留守中の姑の家事

私の姑はなぜか私が留守をしている時に台所をあれこれ整理されます。

とくに冷蔵庫を隅から隅まで整理されるのですが、これはありがたい事かもしれませんが、本当にうっとうしいことです。

私も主婦をしているので、自分の使いやすいように整理したり、自分の都合で冷蔵庫を使っているわけですが、そんなことも御構い無しに、うちの姑は冷蔵庫を触ります。

おかずのタッパをわざわざ違うものに詰め替えたり、残りの食べ物を捨てたりされるのですが、勝手に冷蔵庫内を触られるのは正直言ってとても不愉快です。

そして私が帰宅すると、姑は冷蔵庫の整理整頓で大変だったと言われます。そして、まだアレは食べていなかったのか?だの、アレはどこで買ったんだ!だの、細かい小言を言われます。

姑が大変な思いをして片付けをしてくださったので、ありがたく思わないといけないかもしれませんが、とても素直に「ありがとうございました」とは言えない私がいます。

何で勝手に捨ててしまったのだろう。

何で勝手にアレもコレも開けるんだろう。

この家で家事しているのはこの私なのに何で居ない時に勝手にいつも触らんだろう。

感謝をする前に、不満で胸がいっぱいになってしまう私です。

最近も洗面台だけリフォームしたところをケチをつけられました、、、

姑も姑なりのやり方があるように、私も私なりのやり方があるのですが、同じ女が一つ屋根の下で暮らすということは、なかなか簡単ではないことです。

素直にありがたく思ってもいいことも、お互いのやり方が理解し合えないが故、不愉快になってしまうものです。

親戚のおばちゃん勘弁して

父の49日法要、親戚が集まってくれて父を懐かしがって話をしてくれる。葬儀も時もそうだった。その親戚は多くは父母の兄弟とその旦那や奥さん連中である。
仕事柄手に入れやすい劇団四季のチケットをせびる連中である。
その中の一人にこういったことにうるさいおばさんがいる。うるさいと言っても、よく知っており、たすけてくれるし、そのおばさんの言うとおり進めれば
まず問題はないので助かることは確かだ。
まあでもよく文句をいう。
私の家族の嫁や息子、娘までいわれる。
お客さんがきてるのに、椅子にすわってちゃだめ、お酌くらいしなさい。食べてる場合じゃない、相手しなさい。
あげくに、小さい頃、アトピーなのに猫飼ったりして、私なら子供第一で飼ったりしない。よく飼ったわ、かわいそうに
もう、戻れない過ぎ去った過去のことまで言われる。
葬儀が終われば 終わったで 家に 位牌作ってくれる人来るように手配してあげとるから、 祭壇は あーして こーして
お返しは 食べ物がいいとか 49日の会食は 蟹がいい 店はここがいい どんどん勝手に決めていく。
おのおばさんさえ押さえておけば、あとは誰も文句をいう人達ではないので問題ないから楽と言えば楽なのです。
実際はありがたいのです。だって初めてのことが多く何も知らないので。
初盆も終わりはしたが、これも 母はこのおばさんにいろいろ言われたようだ。
次は一周忌 自宅で法要 料理はこっちの地元 おばさん知らない店、 まずい 美味しくない。
この連発ないか とっても心配。
そして、取り返しがつかないの承知で何年も言われ続ける これがつらい。

自分のペースを乱されたくはない!

今はLINEがあるので、友達と気軽に連絡を取ることができるようになりました。
好きなタレントさん(元売り子の人ですw)がいるのですが、友達も同じくそのタレントさんが好きということがあるので、情報をLINEで送ってくれます。
でも正直、面倒なのです。
これが発売されているよ、限定でこういうショップがあるけど、いつ行く?などなど。

私には私の時間があるし、仕事を休んでまで舞台や映画に行く、ということはしたくはありません。
友達も仕事をしていますが、ヒマだからいつでも休めると言っています。
でも私は仕事を安易に休みたくはありません。
だから出かけるともなるとどうしても休みの日の土日になります。

その友達とは違う趣味があり、土日はその趣味に没頭をしてストレスを発散させるようにしていますが、好きなタレントさん絡みのことがあると出かけるということになってしまいます。
時間を調べてくれたり、スケジュールを立ててくれたり、雑誌やテレビの情報をお知らせしてくれるのはありがたいけど、その都度「買った?」とか聞かれるのはうっとうしいです。
私は私で自分のペースで応援をしたいし、自分の時間も欲しいです。
なのに全部友達のペースで応援をしているような、そんな気持ちになってしまいます。

軽く断ったりすると、「なんで?」とか色々詮索してくるのも疲れます。
自分に出来る範囲で応援をしたいと思っているから断ることがあるのに、それを分かってくれないというのはうっとうしいと思ってしまいます。

助かるけど、しつこいとありがた迷惑です。

私がいつもありがたいけどうっとうしいなと思うのは、義母です。
毎度毎度、夕飯の余りを貰ったりしていて、頼んでもないのに急に旦那に会社帰りに呼びよせて食べ物を渡しているようです。前髪カットもしてもらっているみたいです。ちょっとダサかったし、、、
私はあまり料理が得意な方ではないので、毎日前日から考えて、何を作るのか考えています。なので、毎日夕飯はしっかりと頑張って作っていて一生懸命やっているつもりなのですが、義母から渡されてしまうと義母のものを優先して食べるので、結局私の作ったものは全く手を付けることもなく全部食べることができずに、全て捨ててしまっています。ほとんど頂くのがその日に食べるものだったりなので、仕方ないですが、だったら早くから言ってくれれば私は作らなくてもいいのになと毎回思ってしまいます。
正直、もちろん頂いて有難い気持ちもあります。
きっと旦那も義母のご飯のほうがおいしいですし、そっちの方がいいなと思っているとは思います。食べている顔を見てもそれは分かります。頂いたものでも日持ちするものであれば時間をかけて食べることができますし、作る気がなかったりするときはすぐに出すことができるので凄く助かるのですが、毎度毎度渡されるとその分のお返しもできないですし、貰いっぱなし。正直うっとうしいなと思います。
毎回「ありがとうございました。」と連絡するのも正直面倒で、断るのも相手に申し訳ないですし、凄く嫌です。このことは誰にも不満を言えないので私のストレスです。

息子のようにかわいがる近所のおばあちゃんのありがた迷惑

近所のおばあちゃんは、現在78歳。とっても元気で「元気塾」や「カラオケ教室」、「絵葉書教室」なんかに通っているパワフルおばあちゃん。一人息子さんが、遠く離れて住んでいるようで、めったに会いには来れないみたいなのです。というより、会いに来たのを見たことがないです。そのおばあちゃんは、お料理も大好きで、漬物をつけたり、ジャムを自分で作ったりと、本当に元気で、明るいおばあちゃんなのです。いつも庭で水やりをしている姿が印象的で、家庭菜園にも力を入れているのがよくわかります。そんな近所のおばあちゃんは、うちの旦那のことが大好き。「息子のよう」といつも言って可愛がってくれるのはとってもありがたいのですが、毎日のように夕方、インターホンを押しに我が家へやってきます。高齢出産の私は、子どもの夕方泣きや癇癪に奮闘している状態なのに、まったくといっていいほどお構いなし。「漬物つけたよ~」「ジャム作ったよ~」と手土産を持ってきてくれます。その行為自体はとてもありがたいのですが、残念なことに、旦那は、その漬物もジャムも食べないのです。しかも漬物は、びっくりするほどしょっぱくて口に入れられないほど。息子のように思ってくれて、毎回手作りのものをいただけるのは、嬉しいことなのですが、赤ちゃんを抱っこしながら、お茶だしに、パワフルなおばあちゃんの話を聞いたりで、そろそろ自分の体も精神にも限界がきそうです。こういうのありがた迷惑っていうんですよね。最近は、夕方になるのが恐ろしいです。私たちにかまわないで話し相手サービスでも使って欲しいです。

「妊娠に良いから」と次々に物が送ってこられトホホな事に。

私は現在2児の母親ですが、結婚して3年ほど子どものいない時期がありました。30代で結婚したので一日も早く子どもが欲しかったのですが、なかなかできなかったのです。ですので周囲には告げていませんでしたが私自身悩んでもいましたし、結婚して1年が経つころから病院へ通い不妊治療もしていたのです。しかし私がそのような状況であることは皆知りませんから、会う人会う人が「子どもはまだ?」と聞いてきました。私は「またか…」と思いつつも、できるだけ笑顔で「まだなんですよー」といつも答えていました。そのような事を聞いてくる人の中で一番困ったのが、私の叔母でした。会うたび毎回「子どもは?」「早く産まないと大変」「2人は産まないと」ばかり言ってきました。基本的に世話好きで私も小さいころから可愛がってもらっていたので心配だったのだろうと思うのですが、この叔母だけが毎回必ず聞いてくるので私も申し訳なくは思っていたのです。そこでこの叔母にだけ正直に不妊治療をしていることを告げたのです。すると「そうだったの…」という反応でした。それからは会うたびに「子どもは?」と聞いてこなくはなりましたが、子宝御守や飲むと子どもができやすくなるという漢方薬やお茶、食品、風水的に飾ると子宝に恵まれるというザクロの絵など次々に両親を介して私に送ってきました。「子どもは?」と聞かれ続けるのもプレッシャーでしたが、子宝関連の物を次々送られるのもそれはそれはプレッシャーで、正直「ありがたいけどうっとおしい事」以上の何者でもなかったです。頂いたからにはお礼も言わなければなりませんし、こちらは欲しいわけではありませんからそれもストレスでした。そんなことが約1年続き、やっと妊娠できた時は本当にほっとしました。